nonnon Books

のんのん的 本の話題を書いていきます
010/独立国家のつくりかた

 

010/独立国家のつくりかた

 

Facebookで知人がすすめていた本。名前だけは知っていたけれど坂口恭平さんの本を読むのは初めてでした。名前は聞くけれど彼はどんな人なのだろう?と思う。本を読むと少しわかるけれど、何かと断定できるものはないように思えた。

 

建築に対する学びから、疑問を感じ隅田川沿いを歩く。ブルーシートハウスを見て、そこの人と話し気づきを得る。お金には興味がない、タバコもお酒もしないけれど、コーラを飲みたいと考える人。その人にとってのお金は「コーラチケット」である。という話。経済や価値を人との出会いや行ってきたことから表現を行う。この本の中では「レイヤー」という言葉がなんども出て来る。少し引用をする。

 

「お金」に関して考えてみよう。僕が重要だと考えていることは、「家の在り方」共繋がることだが、まず「生活にいくら金がかかるのか」をちゃんと可視化すること。そして「どうやってお金を稼ぐか」、これをしっかりと自分のレイヤーでつくり上げることだ。(p101)

 

私はこの「レイヤー」を「自分なりの基準」と読みかえてすすめていく。「社会のレイヤー」とは「世の中の当たり前」。そこに無意識に揃えていることへの違和感。ちょっとしたズレの気持ち悪さがこの本にはたくさん出ている気がした。知らぬ間に感じている当たり前、これに対してちゃんと考えているのだろうか、私。と。

 

この本の中で図書館は「裸の情報」と接することができる場所と表現されている(p124)。全ての情報が等価に存在している、という。

 

坂口さんの発信で考えていたことも印象的だった。「頭の中はよりカオスに、でもアウトプットはよりシンプルに」(p148)。誤解を受けやすいからこそ、伝えかたに工夫をする。

 

「疑問」を「問い」にする。この過程を僕は完全に独自な「創造」と呼んでいる。(p164)

 

おかしいなと思ったらそれを行動に変えていく。「独立国家」とは、国家ですら自分ごとして考え動くこと。少し流されがちな日々を反省し、今の国家に自分が関わっていくなら、せめてもっと興味を持ったり知ろうと思った。

 

 

 

 

 

 

| のんのん | 100冊Book 2017 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
009/黒猫館の殺人

 

009/黒猫館の殺人

 

綾辻行人氏による「館」シリーズ。

記憶を無くした謎の男の手記から始まる。手記と現在と交互に書かれ起きたことと推理が混ざる。推理小説に手記が入ることはその後の事件につながることがほとんど。不気味な感じがしてあまり得意ではない。

 

「館」シリーズを読みながら不気味さを避けるというのも不思議だけれど。そうして読み終えた作品。本を持たずに家を出たことに気づきふらりと図書館で借りた本。シリーズものを読んでしまうのもいいけれど、こういうときのためにちびちび読むのもまたいいな、と思ってしまったりする。

 

 

 

| のんのん | 100冊Book 2017 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
008/アマゾンと物流大戦争

 

008/アマゾンと物流大戦争

 

雑誌「出版ニュース」で引用されていたように思ったけれど、どの号だかわからず。

主にアメリカでのアマゾンについてそのサービス戦略や他の企業との戦いが書かれている。と言ってもわりとさらっと広い範囲についてであり、じっくり調べるにはそれぞれの項目を考えることがいいのかもしれない。

 

物流は進化を続けている分野。時々関連図書を読まないとよくわからなくなるな、と思う。この本は2016年9月刊。

 

| のんのん | 100冊Book 2017 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
反社会学講座
反社会学講座 (JUGEMレビュー »)
パオロ・マッツァリーノ
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
blogのリンク
+ PROFILE