nonnon Books

のんのん的 本の話題を書いていきます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2006振り返る
松山しんのすけさん
影響ではじめた年間100冊の目標ですが、

結果は82冊でした!

続きを読む >>
| のんのん | 100冊 Book 2006 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
82/100
新平等社会―「希望格差」を超えて
新平等社会―「希望格差」を超えて
山田 昌弘:著(文藝春秋)

学問(社会学)の世界からはなれて……もうだいぶたちます。
そのせいか「下流社会」を読んでも、
この本を読んでもムズカシイ定義の部分はピンと来ず
具体例の部分ばかりに目がいってしまう。

娯楽に関して雑食なのは、いいと思っているけれど
ときどきなにか筋の通った読書をした方がいいんじゃないかしら、なんて。

いろいろ読んでいるから、
こういう本も手に取るのだろうけれど。
私の学んでいた分野に近い本なのだけれど。

さて、感想です。

これは、格差について、論じられている本。
かるーくいうと「勝ち組・負け組」とか「負け犬」とか
そんな感じの話。
実際、未婚女性の話も出てきます。
(ここに関してはあまり新しい感じもなく、
酒井順子さんのほうが知的に面白くていいと思う)
続きを読む >>
| のんのん | 100冊 Book 2006 | 01:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
81/100
ゆるいカーブ
「ゆるいカーブ」
加藤 千恵:著(スリーエーネットワーク)

今年のことは今年のうちに。
のちほどにしていた感想ですよ。

恋愛(を中心にした)話と短歌。
個人的な感想としては、
どの子も女の子がみんなかわいい。

そのほかの感想については、
本が今手元にないので……と。結局先延ばし。
いや自分の目で確かめてくださいませ。

この本の出版社が
うちの会社の近くだったこともまたおもしろし。

| のんのん | 100冊 Book 2006 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
80/100
薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木
「薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木」
江國 香織:著(集英社)

この人の本を読むといつも
日常の小さなことを「いちいち」気にすることの
大切さを感じる。

雨の日にアスファルトが濡れたにおいを
楽しみにするようなそんなこととか。

比較的とりとめなく、読みやすい本。
(読みやすいのと、人におすすめするかはすこしちがうけれど)
いくつか面白いと思った部分にはしるしをつけて。
続きを読む >>
| のんのん | 100冊 Book 2006 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
79/100
A2Z
A2Z
山田 詠美:著(講談社文庫)

友人に、主人公に似てると言われた。
そして貸してくれた本。



続きを読む >>
| のんのん | 100冊 Book 2006 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
反社会学講座
反社会学講座 (JUGEMレビュー »)
パオロ・マッツァリーノ
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
blogのリンク
+ PROFILE