nonnon Books

のんのん的 本の話題を書いていきます
066/64(ロクヨン)
このミステリーがすごい!のランキングやベストセラーランキングが発表されると、年末だなと思わされます。今回読んだのは2年前に「このミステリーがすごい!」の1位を獲得した作品。横山秀夫さんの久々の新作です(といっても2012年刊)。読み終わった後に知ったのですが、NHKでドラマ化されるんですね。主演はピエール瀧さんです。

066/64(ロクヨン)

横山さんの小説を読んでいると、警察はいろいろな立場の人がいると思わされる。日頃多く接することもないし、描かれるのは捜査1課とかデカと呼びたくなる刑事が多い。

今回の主人公は広報官。これだけ聞いてもさっぱり。「警務部」と「刑事部」との争い。これも初耳。警察小説を読む方にはあたりまえのことなのでしょうか。警察ってやっぱり真っ黒。悪いことをしているというよりも中が見えない。

でも、ふと我にかえる。今の自分の仕事ですら、外から見ているときは何もわかってなかった。今だって知っていることはほんの少し。

全1巻だけれどそれでも長編。伏線がどんどん広がり、登場人物が増えていく。ページが残り少なくなっていくというのに終わりがギリギリまで見えてこない(この感覚って紙の本の感覚)。なげかけっぱなしの謎もある。ただ、大きな謎解きの部分が横山さんらしい人間味がある。人ができることにこだわって本を書いている気がする。

フィクションだから何をやってもいい。そういう小説も嫌いではない。けれど、起こりそうなことであるから実感できることがある。「横山秀夫の小説を読んだ」という気になった。次作は動いているのだろうか。多作である必要はないけれど、読者は読後すぐ次が待ち遠しくなってしまう。





 
| のんのん | 100冊Book 2014 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |









http://nonnon.jugem.cc/trackback/1048
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
反社会学講座
反社会学講座 (JUGEMレビュー »)
パオロ・マッツァリーノ
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
blogのリンク
+ PROFILE