nonnon Books

のんのん的 本の話題を書いていきます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
98/100 再婚生活
評価:
山本 文緒
角川書店
¥ 1,470
(2007-06)
書きたいことがいっぱいある。

そして、夫さんに読んで欲しい
(でも読んで欲しくなかったりもする一冊)

タイトルからイメージするものとは
ちょっと違ったエッセイ。いや、ほんとうに日記。
今でいう、ブログ本。
あーでも、縦書きで紙の質感で読みたいけどね。

私は何かのきっかけで本の情報を調べて、
何かのついでに読もうと心に留めておくのだけれど、
そのきっかけについては覚えていない。

でも、すごく心にひびきましたよ。これ。
日記を読ませる技術はやはり作家のものですごいのだけれどね、
それだけじゃなくて、共感、というかなんというか。
わたしはここまでじゃなくて、その手前で。
でも夫婦の考え方に「そうだこれだ」と思うこともあって。
別居夫婦。それがいいのか悪いのかよくわからないけど、
違う住処があるのにはあこがれる。すきとか嫌いとかじゃなくて。

性格、性質なのかもね。
同じマンションの中に友人が住んでいたら楽しいと思う。
カギがかかる、でもひとつ屋根の下。
いつでもあえる。ご飯をたくさん作っても。
大きなケーキを買っても。でも、ひとりひとり。
それぞれの暮らしと家庭がある。うん、理想。

もっと伝えたい。
今年心に響いた本の中でも5本の指に入る。
(一番はダントツでゴールデンスランバーだけど)
ちなみに、おもしろいかどうかはその人次第。
そして、この本は好みが特に分かれる本だと思う。
| のんのん | 100冊 Book 2008 | 21:30 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:30 | - | - |
結婚の関係というのも、人それぞれ思い描くことが違うのでしょうね。この本では、どっちかがどっちかによりかかっているというよりは、ふたりとも自立したパートナー契約みたいなのを結んでいるといった関係なんでしょうか。そうなると友達関係と、どう違うのかみたいなことになりそうですね。
| こんにちは | 2009/01/08 3:28 PM |









http://nonnon.jugem.cc/trackback/483
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
反社会学講座
反社会学講座 (JUGEMレビュー »)
パオロ・マッツァリーノ
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
blogのリンク
+ PROFILE