nonnon Books

のんのん的 本の話題を書いていきます
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
030 曽根崎心中
角田 光代,近松 門左衛門
リトル・モア
(2011-12-22)

 
ふだんなら、読まないタイプの本。

三谷幸喜さんの「其礼成心中」をみたこともあり、
角田光代さんの現代語版というのも気になった点のひとつ。

恋の話。
なんだろう、愛ではないような気がしていて。
とっても感覚的なものだけれど。
これを芝居で見たら、とても感情移入してしまいそうだ。

どこからが角田さんの表現なんだろう。
恋に落ちる瞬間はとても丁寧で、
でも、死を決意することはそんなに簡単なんだろうか。

生きていくことは、お金持ちにのみ許された贅沢なのだろうか。

少し物語からは外れるけれど、そんなことを思った。




| のんのん | 100冊 book 2012 | 18:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:12 | - | - |
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2014/06/03 3:41 PM |









http://nonnon.jugem.cc/trackback/669
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
反社会学講座
反社会学講座 (JUGEMレビュー »)
パオロ・マッツァリーノ
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
blogのリンク
+ PROFILE