nonnon Books

のんのん的 本の話題を書いていきます
037 脳が冴える15の習慣


図書館で借りた本。
でも、あらためて自分で買いたいと思った。
もしかしたら、また再読して書くかもしれません。

ふむふむと思うだけでなく
何度も見返して確認しないと
私はまだ全部習慣となっていない。

むかしから、「頭がいい」といわれるより、
「頭の回転がはやい」と言われるほうがすきです。
(どちらも言ってもらえないことばかりですが…)

年を取るにつれてにぶくなるかもしれないけれど、
何か困ったことについて、すぐに対応したり
興味がある!って思ったことにむかっていったり。
常に忙しくしていたいのは、どうなのかな?のとは思うけれど、
きちんと「反応」する自分でいたい。
そう思ったときに、役立つことがたくさんあった。

ブログなどアウトプットを常に意識すること
「試験を受けている状態」のように、制限のある中で行動すること
愚痴を言うことの悪循環
ほめ上手の観察眼
朝の過ごし方
一日の生活リズムの大切さ

全部は急にできていなくて、でも意識することと実行すること
これをやめたら、できない以前になってしまいます。
できないっていうのは挑戦はしているということ。



以下、15の習慣で書かれていること(目次)

1:生活の原点をつくる
 脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かそう
2:集中力を高める
 生活のどこかに「試験を受けている状態」を持とう
3:睡眠の意義
 夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を利用しよう
4:脳の持続力を高める
 家事こそ「脳トレ」。雑用を積極的にこなそう
5:問題解決能力を高める
 自分を動かす「ルール」と「行動予定表」をつくろう
6:思考の整理
 忙しいときほど「机の片付け」を優先させよう
7:注意力を高める
 意識して目をよく動かそう。耳から情報を取ろう
8:記憶力を高める
 「報告書」「まとめ」「ブログ」を積極的に書こう
9:話す力を高める
 メモや写真などを手がかりにして、長い話を組み立てよう
10:表現を豊かにする
 「たとえ話」を混ぜながら、相手の身になって話そう
11:脳を健康に保つ食事
 脳のためにも、適度な運動と「腹八分目」を心がけよう
12:脳の健康診断
 定期的に画像検査を受け、脳の状態をチェックしよう
13:脳の自己管理
 「失敗ノート」を書こう。自分の批判者を大切にしよう
14:創造力を高める
 ひらめきは「余計なこと」の中にある。活動をマルチにしよう
15:意欲を高める
 人を好意的に評価しよう。時にはダメな自分を見せよう

| のんのん | 100冊 book 2012 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:18 | - | - |









http://nonnon.jugem.cc/trackback/677
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
反社会学講座
反社会学講座 (JUGEMレビュー »)
パオロ・マッツァリーノ
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
blogのリンク
+ PROFILE