nonnon Books

のんのん的 本の話題を書いていきます
050 やりたいことは二度寝だけ


芥川賞作家(どーん!)
と冠を付けることを著者はどう思うかわからないけれど。

津村記久子さんのエッセイをまとめた本。

なんともゆるい装丁がすばらしい。
このイラストは挿絵としてちょこちょこ出てきます。

受賞したときに「ポトスライムの舟」を読み、
読んだ本を内容を次から次へと忘れるので、
詳しい内容は覚えていないのですが当時(2009/05/27)のブログによると
やたら、共感!と書いていて、
今回の本もほんと共感!で。3年経っていてもあまり感想は変わらないらしい。

最近、年齢の近い人のエッセイは
ほんとに、細かなところがわくわくとする。
生活は違うのだけど、わかる感とやらは共通してて
きちんとはやりものにのる(知るとか見るとか)のも大事だなとか思う。

一番気になったのは、
16ドルで買ったと言う「雨」の音。
物を書くときに集中するために聞く。
ちょっとわたしもそんな効果音CDをきいてみたくなった。
メモ帳やノート(ウラ紙含む)へのこだわりも!

いや、小説は書いていないのだけれど。
このブログ以上のもの今は何もしていないだけど。

口調というか文体が好きで、
また、この人の小説を読みたいなと思った。

| のんのん | 100冊 book 2012 | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:23 | - | - |









http://nonnon.jugem.cc/trackback/702
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
反社会学講座
反社会学講座 (JUGEMレビュー »)
パオロ・マッツァリーノ
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
blogのリンク
+ PROFILE